「笑顔になれる いろどりを」

医療や福祉の場に色やアートの力をお届けします。


ご挨拶


 

                 色を味方につけるとは

 

色は言葉を持ちませんが、たくさんの働きをしてくれます。 

特に医療や福祉の分野においては,個性を尊重しながら楽しく色やアートの力を取り込む方法がたくさんあると考えています。

私は色の影響で、いかに顔色の見え方が変わるかを闘病中の方々のご様子や、自分の体調の変化で体験して以来、患者さんが鏡をみてにっこりできるような色彩活用を追求し、実践してきました。

 

疲れているように見えても、実は体の色と服の色の関係によるものかもしれません。

顔色を変えられなくても、見え方が変わると気分やコミュニケーションの取り方が変わることもあります。

鏡をみて『今日はなんだかいい感じ』と思える事は、日々の食欲や体調につながるのではないかと感じています。

 

「色を味方につけるとは、その人らしく輝ける色を知るだけでなく使う事。」

私達は、ファッションから少し距離感が感じられるような所にこそ、出向く意義を感じています。病棟や施設におられるの方々の元へも、自分の長所に気づいていただくカラー診断や、ものづくりで自分の色を身につける為のワークショップ、また、環境に合わせたスパイスとなるホスピタルアートお届けに、画材や色布を持って、時にはアーティストと一緒に訪問しています。

 

ひといろプロジェクトでは色彩を使った課題解決に向け、『身につける色とまわりの色』両方からアプローチしています。顔色の見え方を色で工夫する『リハビリカラー』。そして、画一的になりがちな医療環境に、気持に添う色やアートで居心地の良さをプラスする『ホスピタルアート』。この2つの柱をもとに活動しています。色でのふれあいは人をケアする立場の方々、子育てや仕事のストレスを感じる方々、見た目に特性をお持ち方々等、多方面の方々とも共通言語としてつながりやすく活動の輪が広がりつつあります。

 

色は光がなければ見えません。

自分らしく輝く色で、自己肯定感を高め、まわりの方々の世界が多様な色であふれている事にも目をむける、心のリハビリにつながるような色の力をお伝えしたいと思っています。

 

    

                      ひといろプロジェクト 川西 真寿実

 

 

 

取り組み

1. 医療や福祉の場でのリハビリ

カラーセッション

医療、福祉分野でのカラー診断

色布と鏡を持ってうかがいます。

老若男女問わず、時間や方法等、ご体調に合わせてアレンジします

2.環境を彩るホスピタルアート

総合病院、個人クリニック、施設等に、利用者様と作るホスピタルアートの制作や、その場に合ったアートの導入をご提案します。

カラー診断で知った自分の色。混色した絵の具を使って、身につけるアイテムを作って楽しむ出前ワークショップです。


  4.色彩活用セミナー

患者様やご家族様、医療スタッフ様向けのセミナーや、子育てママや介護中の方など、少人数から幅広く開催しております。

5.個別相談&

リハビリカラーセラピー

カウンセリングにじっくり時間をかけて、色による課題解決を提案します。がんサロン等での社会復帰に向けてのアピアランスケア相談や、闘病中のカラーセラピー等で寄り添います。

 

6. アーティスト とのコラボ

イベントごとに、専門分野のアーティストに関わっていただいたり、ホスピタルアートの共同制作などを企画しています。

 



TOP  ひといろプロジェクトとは  お知らせ  活動内容&実績  お問い合わせ

Copyright  © 2017 ひといろプロジェクト All Rights Reserved