医療や福祉、教育の場に色の力をお届けします。
あなたの個性を輝かせ,希望につなげるサポートを追求します。


ご挨拶


 

                   色を味方につけるとは

 

私達は、日々環境にあふれる色の影響を受けながら生活しています。

視覚の特性や、色彩の科学のお話は次々と新しい情報となり広がりをみせています。

 

同じ色でも、周りの色によって見え方が変わるという色彩対比の原理はおなじみですが、

人の体も目、髪、肌でできた色素の固まりだと考えると同じと言えます。

 

『顔色は変わらなくても、顔色の見え方が変わり、顔色の見え方が変わると、気持が変わる。』

 

つまり、しんどそうにみえても服の色のせいかもしれないし、鏡を見て今日はなんだかいい感じだと

笑顔になることが、食欲を増したり体調にも良い影響をもたらす事につながると感じています。

 

色を味方につけるとは、その人らしく顔色がパッと輝く色を、知るだけでなく生活に取り入れること。

 

私達は、カラー診断時に新たな長所に気づいていただき、自己力を高めてもらい、楽しい工作で自分の色を

作って身につける。『味方になる色を見つけて,作って、身につける』までをサポートし、ふれ合いを

広げています。

   

光がなければ色は見えませんが、逆に似合う色を再認識することで、明るい何かを感じていただけるように

心が上向くリハビリを目指しています。パーソナルカラーを医療向けに再構築し、病院内で見ているだけでも気持のいい色を集め、思いを込めて「リハビリカラー』を名付けています。

 

患者様が、個性を表現することの楽しさに触れ、病院のあちこちに会話あふれる明るい彩りをふやすこと。

この活動の流れを患者様とマンツーマンで作り上げるホスピタルアートとして取り組んでいます。

 

病気の副作用や病状により外見の雰囲気が変化すると患者様やご家族は不安な気持になります。

治療による副作用に対しては、メイク等によるアピアランスケア(外見ケア)が注目を浴びていますが、

小児向けに合うものはありませんでした。「的確な色彩を顔周りに用いるメソッド」は多くの方々に

「顔色が明るくなった。楽しかった」となどとお声をいただいております。 

 

病院にこそ新しい色彩活用をとりいれて、患者様を笑顔にできる方法を追求してゆきたいと考えています。

 

 

取り組み

1. 医療や福祉の場でカラー診断

医療、福祉分野でのカラー診断

色布と鏡を持ってうかがいます。

老若男女問わず、時間や方法等、その方に合わせてアレンジします

2.環境を彩るホスピタルアート

病院などの公共施設、個人クリニック、教育施設等に、利用者様と作るホスピタルアートや、環境グラフィックを制作します。

カラー診断で知った自分の色。個人に合わせた絵の具を使って、身につけるアイテムを作って楽しみます。


4.セミナーやワークショップ

患者様やご家族様、医療スタッフ様向けのセミナーや、子育てママや介護中の方など、少人数から幅広く開催しております。

5.カラーカウンセリング

カラーカウンセリングにじっくり時間をかけて、復学や社会復帰に向けてのアピアランスケア等の

アドバイス、カラー提案します。

6. アーティスト とのコラボ

イベントごとに、専門分野のアーティストに関わっていただいたり、共同制作などを企画します。



TOP  ひといろプロジェクトとは  お知らせ  活動内容&実績  お問い合わせ

Copyright  © 2017 ひといろプロジェクト All Rights Reserved