お知らせ

 ホスピタルアートの企画展

 

HOSPITAL ART in Gallery  を開催します。

 

2018年11月の1ヶ月間、

ギャラリーを病室に見立てて

『色のちから、アートのちから』を

医療空間に取り入れる可能性を考えます。

 

関西圏の14名のアーティスとの方々とともに

病院にいる患者さん、医療スタッフ様を

想定した様々なアートのかたちを提案します。

 

展示は おとなとこどもの病室のイメージで

2部制、途中で展示替えを行います。

 

病室から演出的な幅を広げたイベント的な

インスタレーションの展示と、実際に

病室や在宅医療の部屋に取り入れやすいサイズの 

作品紹介もあります。

 

 

開催中にはイベントも行います

 

 

11/3(土祝) 1600〜オープニングパーティー

 

 

11/18(日)1500

「トークセッション:色のちから/アートのちから」

 (定員15/参加費500円予約優先)

中島 麦(美術家)

中西美穂(アートマネジメント研究/大阪アーツカウンシル統括責者)

川西真寿実(本展コーディネーター/ひといろプロジェクト)

 

11/25(日)1300

小児科向けワークショプ体験/ひといろプロジェクト

みつけてつくる 自分の色!』

      (ハンカチ制作定員6名;1000円予約制)

 

11/25(日)1600

医療×アートお話会(定員15名/参加費500円予約優先)

病気や障がいと共に生きる子どもと家族からのメッセージ

 富和 清隆 先生

東大寺福祉療育病院院長/奈良親子レスパイトハウス代表

 岡崎 伸 先生

大阪市立総合医療センター副部長/奈良親子レスパイトハウス応援医    

2018/7月 

公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンの

ボランティア活動助成事業に

『小児患者に対してのワークショップとホスピタルアート事業に対して』

採択していただきました。

https://www.dmhcj.or.jp/foundation/results/2018.html

 

2018/5月

小児科緩和ケアでの病棟内活動の様子を 大阪府立病院機構大阪母子医療センターの

Facebookにご掲載いだきました

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、テーブル、子供
地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪母子医療センター

【カラー体験ワークショップを開催しました。】
「この色の洋服を着ると、なんだか顔色が良く見えて、嬉しい気分になった。」という経験はありませんか?入院中の子どもたちにも、自分をより素敵に見せてくれる色を見つけてもらい、QOL(生活の質)の向上につなげたいと、6月6日(水)に4階西棟プレイルームで、カラー体験ワークショップを開催しました。
医療、福祉の分野で、精神的に身体的に不安を感じておられる方に、色の力を使って個性と輝きを取り戻し、自己肯定感を高めたり多様性を認め合うきっかけを持っていただくことを目標に活動されている
「ひといろプロジェクト」のご協力を得て、カラー診断「私の似合う色」を実施すると共に、ハマナカ株式会社・NPO法人「こども手づくりプロジェクト」のご協力を得て、工作「似合う色のポンポンをつくってみよう!!」を実施しました。
参加してくださった子どもたちやそのご家族は、色によって印象が変わる鏡の中の自分に、時には歓声をあげて驚かれていました。そして、自分で作った自分色のポンポンを大事に持って、皆さん笑顔で病室に帰られました。

なお、このワークショップは、公益財団法人大阪公衆衛生協会の平成30年度「母と子のすこやか基金」啓発・調査活動助成によるもので、今後も毎月1回開催する予定です。

あそびかた研究会でセミナー&ワークショッップ
『1人1人を輝かせるリハビリカラー。楽しく作って色を味方に!

イベント詳細

●日時
2017年9月29日 19:00 - 20:30

●会場
大阪市立総合医療センター 大会議室
(カフェドクリエすぐ横のエレベーターで3Fへ、その後、右・右とまがり突き当りまで進んで、また右に曲がって下さい)

●テーマ
小児科での色彩活用 『ひといろメソッド』のご紹介
『1人1人を輝かせるリハビリカラー。楽しく作って色を味方に!

●講師
ひといろプロジェクト代表 リハビリカラークリエイター
川西 真寿実

●メッセージ
病気の副作用や病状により、お顔の雰囲気が変化すると、お子さんやご家族は不安な気持になります。
医療用にパーソナルカラーを発展させた『リハビリカラー診断の後、よりよく見える自分だけの色でカラーアイテムづくりを楽しみ、気持ちも明るくなってもらえるようにと活動しています。
ワークでは、顔まわりに用いる色の変化で、顔色の見え方が変わる様子を実演します。
これからの医療分野でのあそびを通した色彩活用のアイデアを共有させていただきたいと思っています。
※ご来場を予定頂いている方は、ワークの材料の数の把握のために
info@asobikata.orgまでご連絡お願いいたします。
---

8月のイベント


イベント詳細

どなたでも参加出来ます
カラー診断付きです
開催日時 2017年 8月5日(土)13時00分〜16時00分

開催場所 あそび創造広場 TSURUMIこどもホスピス
     おおきな部屋

主催   ひといろプロジェクト実行委員会
     colorcaravan3@gmail.com
     当日ご連絡先 
                  電話090-6674-4454(川西)

材料費  500円
(材料費/バンダナはお1人1枚限定です)
持ち物  エプロン、タオル、上履き(スリッパ等)、ぞうきん
     当日はできるだけ絵の具で汚れてもよい服装でお越し下さい。

定員   先着順20名(要メール予約)締め切り8/2
     親子でのご参加歓迎します。
    (付き添いの大人がいれば、1人での参加も可)

申込方法 予約先メールアドレス
      colorcaravan3@gmail.com 川西宛に
     以下の内容を記載の上、送信して下さい。
      
     ・参加希望者様全員の氏名/住所/年齢
     希望サイズ(小:約44cm角/ 大:約55cm角)
     ・ご連絡用メールアドレス 
     ・当日ご連絡のつく電話番号
     ・その他、留意する点等ございましたら付記下さい。


TOP  ひといろプロジェクトとは  お知らせ  活動内容&実績 お問い合わせ 

Copyright  © 2017 ひといろプロジェクト All Rights Reserved